若い世代に人気の世界遺産検定は、どんな特徴の資格なの?

世界遺産検定とは?

世界遺産検定とは?

世界遺産検定は、NPO法人世界遺産アカデミーが主催する検定であり、日本や世界の世界遺産の名称や理念などを幅広く理解しているかを確かめるものです。

誰でも受験することが出来る4級から、非常に難易度の高いマイスターまで、5種類のランクが用意されており、毎年多くの人が受験して資格を取得しています。

世界遺産検定を受験することで、日本や世界の世界遺産を幅広く知ることが出来るだけでなく、その背景として存在する歴史や理念なども学ぶことができ、より世界を身近に感じることが可能となります。

世界遺産というのは、世に遺すことが未来の財産になるということで選ばれているため、素晴らしい歴史を持つものがある一方で、ドイツのアウシュヴィッツ強制収用所など、いわゆる負の遺産も学ぶことになります。

これにより、平和であることがなによりという認識も改めて感じることができます。

世界遺産検定はどんな人におすすめ?

世界遺産検定はどんな人におすすめ?

近年受験者が増え人気の検定試験になっている世界遺産検定。どんな人におすすめの検定なのでしょうか?まずは旅行好きの方です。

検定試験では各世界遺産に関する歴史、地理、宗教、芸術などの知識を問う問題が出題されます。このような知識を得ることで、旅行で世界遺産を訪れた時に感動が増すといい受験する方が多いようです。

次に旅行関係の仕事に就きたい方におすすめです。面接の時に旅行に関心があることをアピールできますし、実際に旅行代理店などで勤務されている方で、検定勉強で得た知識がお客様との会話で役立ったというエピソードも多いです。

仕事に役立つスキルの1つになるので是非受験したいですね。就活や仕事で活かす場合は2級以上の取得をおすすめします。このように色々な面で取得すると役に立つ検定試験です。

世界遺産検定の試験について

世界遺産検定の試験について

世界遺産検定とは、NPO法人世界遺産アカデミーが主催する、人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定試験です。

受験料の一部は世界遺産の保全活動に役立てられています。世界遺産検定には、4級、3級、2級、1級、マイスターと5つの難易度が設けられています。

4級~1級まではマークシート形式、マイスターは唯一の論述形式となります。試験では、世界遺産そのものの知識だけでなく、遺産同士の関係性なども問われるため、遺産の背景にある歴史、地理、文化などを深く学ぶことができます。

旅行が好きな方が趣味として知識を増やすにはもちろん、旅行業界などでは採用活動時に世界遺産検定の取得有無に注目している企業も多く、業務に関係する企業であれば就職活動で有利に働く場合もあるため、興味のある方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。