若い世代に人気の旅行業務取扱管理者は、どんな特徴の資格なの?

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者とは、旅行会社において旅行取引の総合責任者として活躍する人のことです。

旅行業法では、旅行業を営む旅行会社は営業所ごとに、この旅行業務取扱管理者を1名以上配置することが義務付けられています。

旅行業界で唯一、国家資格に分類される旅行業務取扱管理者の資格を取得することは、旅行業界への就職を目指している人にとっては、非常に有利になります。

この旅行業務取扱管理者の資格は国内、海外の両方で通用する総合と日本だけで通用する国内の二通りがあります。どちらも合格率が低く、いわゆる狭き門です。

必要となる知識は国内では交通、地方の情報、マナーや旅行に於ける規則、常識など幅広く要求されます。海外も含む総合になりますと、語学などの知識も必要になります。

合格を勝ちとることは難関ですが、取得すれば、旅行業界での就職には力強い資格であることは間違いないです。

旅行業務取扱管理者はどんな人におすすめ?

旅行業務取扱管理者はどんな人におすすめ?

旅行業務取扱管理者は旅行業界で唯一の国家資格で、旅行代理店の営業所での旅行者との旅行取引の責任者の事です。

具体的な仕事内容は旅行プランを作成し管理すること、旅行の申込内容を説明し契約を交わすこと、重要な書類を保管すること、旅行者の苦情に対応すること、旅行の広告を管理することなどです。

旅行業務取扱管理者は、まずは旅行が大好きでお客様の旅行に対して親身に対応し想像力をふくらませることができる人におすすめです。

基本は接客業なのでお客様と接することが好きでコミュニケーションスキルの高い人に向いています。また管理職として人の上に立つ可能性があるので、全体を広く見通すことができ気配りのできる性格の人がよいです。

旅行業務取扱管理者の試験について

旅行業務取扱管理者の試験について

旅行業や旅行代理店を営む場合は、法律の規定によって設置する営業所ごとに旅行業務取扱管理者を配置しなければなりません。

したがって、旅行関係の事業をはじめたい場合は、まずは事業主自身が旅行業務取扱管理者になるか、他の旅行関連会社から管理者になる資格がある人を雇わなければなりません。

旅行業務取扱管理者には、国内旅行のみを扱えるものと、国内と国外の両方を扱えるものの2種類があり、それぞれ観光庁長官から指定を受けた団体が年1回実施している試験に合格すれば資格を得ることができます。

どちらの資格区分においても、試験では、関連法規、約款、実務についての問題がたくさん出題され、全ての科目で満点の6割以上得点することで合格となります。

合格率は、国内旅行業務取扱管理者は3割前後、総合旅行業務取扱管理者は2割台となっており、難易度の高い試験であるといえるでしょう。