若い世代に人気のBATICは、どんな特徴の資格なの?

BATICとは?

BATICとは?

BATICとは、英語の「Bookkeeping and Accounting Test for International Communication」の頭文字をとった略語で、日本語に直訳すれば、「国際的なコミュニケーションをとるための簿記および会計テスト」ということになります。

日本語の略称としては、「国際会計検定」という言葉が使われており、英語による会計取引、国際会計理論の理解度が問われる資格試験となっています。

この資格を取得するためには、英文簿記と国際会計理論の試験に合格する必要があり、英文簿記の配点が400点満点、国際会計理論の配点が600点満点となっています。200点以上をとるとBookkeeperレベルとして認定されます。

BATICはどんな人におすすめ?

BATICはどんな人におすすめ?

国際会計スキルを身に着けることのできるBATICは、まず海外に展開する企業で働きたい方、または働いている方におすすめです。

国際会計のスキルを持った人材は、海外取引を行う上で必要不可欠であり、今後ますますニーズが高くなるでしょう。

BATICは、就職においても非常に良いアピールになる資格であり、外資系企業を目指す学生にはぜひおすすめできる資格です。英語を使ってビジネスをしたいと考えている学生は、取得して損はありません。

また、簿記検定からのステップアップとしてチャレンジしたい方、海外でも通用する会計知識を得てキャリアアップを目指したい方、外資系の企業に転職したい方にも、BATICはおすすめできます。面接の際には、強いアピールポイントになるでしょう。

BATICの試験について

BATICの試験について

国内企業ではなく、敢えて海外の企業に就職を目指す若者が増える等、国内でもグローバル化の波は着実に進んでいます。

そんなビジネスシーンのグローバル化に対応すべく、現在では英語力と同時に、国際的に通用する会計スキルも求められているのです。

BATICの試験は、グローバル化が進むビジネスシーンへの対応力をはかるべく、英語力と同時に国際会計スキルを測る検定試験だったりします。

BATICは検定試験という形であるため、合否判定ではなく、スコアという形で検定結果が出るのです。

そのため難易度が高い試験という訳ではありませんが、能力を即座に示す基準となります。なので経理部門への就職を目指している学生は、BATICの試験を受けてみるべきです。