10代、20代、30代に人気の資格情報一覧をご紹介

測量士補という資格

測量士補という資格

測量士補は、測量士による測量の補佐を行うための国家資格で、測量業務へ従事するためには必須となります。また、建築や不動産に関する専門知識も身につくため、建築業界や不動産業界への就職を目指している場合には大変有利です。その他、測量業務は公共事業をはじめとした様々なシーンで多くの需要があり、将来においても測量士補の資格を活かしながら安定して働けるため、若い世代に人気です。なお、資格を取得する際には、大学や専門学校へ通う以外に取得試験を受ける方法もあり、年齢や経験などに関係なく誰でも受験できます。

旅行業務取扱管理者という資格

旅行業務取扱管理者という資格

若い世代に人気の資格で旅行業務取扱管理者というものがあります。この資格は旅行会社に就職をした際、多数が参加する際のツアー工程を作成したり営業所の責任者になるために必要な国家資格で、旅行会社にとっては必要不可欠なので就職活動中の学生にとっても採用に有利になるものです。旅行好きな方が、自分が好きな場所をもっと大勢の人に見てもらいたいと思う場合にオリジナルプランを作成して参加者を募るのに役立つでしょう。

BATICという資格

BATICという資格

BATIC(国際会計検定)とは英語での会計に必要な知識、英語力を測る検定試験です。近年の企業の国際化に伴い国際会計の知識が必要とされる機会が増えると予想される中、将来海外で活躍したいと考える人や外資系企業への転職を希望する若い世代に人気の資格です。日商簿記と内容が重複する箇所も多いので、効率よく資格取得を目指すことができます。試験内容は英文簿記と国際会計理論で、合計点数によって4段階の称号を与えられます。

世界遺産検定という資格

世界遺産検定という資格

世界遺産検定はNPO法人・世界遺産アカデミーが主催する検定試験です。この試験は2016年から開始されたもので、世界遺産に対する知識や理解を深め、それを社会に還元することを目的とするものです。受験者は毎年増加しており、10代未満から90代までと非常に幅広い層が受験しています。その中でも10代から30代が8割を超え特に若い世代に人気の検定です。またこの検定の受験者の6割は学生が占めていますが、その8割は大学生であり就職活動に有益な資格の一つともなっています。

マンション管理士という資格

マンション管理士という資格

約10人に1人の割合の人が分譲マンションで暮らしているという現代社会において、マンション管理士は若い世代に人気となっている資格のひとつです。多くの人たちが共同で使用するスペースが多いマンションで日々の生活を送る中では、大小問わず数多くのトラブルが発生します。そして、そのトラブルを解決または回避するために活躍するのがマンション管理士なのです。マンションの住人やマンション管理組合から発生したトラブルに関する相談を受けてアドバイスを送ったり、法的見地からトラブルの解決を図る業務を行うマンション管理士は、独立開業も目指せる資格であることも若い世代に人気の理由です。